タカコの思い出町歩き

vol.35 そういえばココって何だった?-03

秋が過ぎ、再び本厚木駅に降り立った タカコ(35)。東口から交差点を渡った彼女は衝撃の光景を目にする。「ヌマヤが、閉店したーーー?」


何度も前を通った場所からこのお店がなくなって寂しいと思ったのは私だけじゃないはず。図書館が入っているこのビルも、ここ数年で変わっている。
今年8月20日、27年の歴史に幕を閉じた。左の写真は閉店直前。棚やトルソーなどの備品 も売られていた。

なんといってもヤングコミュニティーセンター(通称ヤンコミ)がなくなってしまった。 「ストリートダンスの練習によく使ったっけ。ヤンコミは高校の文化祭前にもお世話になったなぁ」 amyuができる時にヤンコミはなくなり、amyuにはダンス練習ができるスタジオが入っているのだと風の噂で聞いた。
「ちなみに、ヤンコミは無料で使えたのよね・・・」ダンスといえば、今では地下道でダンスの練習をしている人たちがいない。前は夜になるとダンスの練習をしている人たちをよく見かけたもの。歩きやすくなったような、静かすぎて少し寂しいような…。 ああ、あっという間にamyuの地下だわ。って、これは?!


高さ3m、幅8mの大作。厚木のアーティスト KRESSEYE、PHIL両氏が制作した。厚木市制施行60周年記念として 2014年に設置。
厚木って街中にモニュメントが点在しているし、実はアートな町。市民が気軽に芸術に親しめるようにって意図があるみたいだけど、どうせなら説明が欲しいわ。恥ずかしいけど私、芸術に疎いのよね。パッと見てわかるのは、東口の銅像と市役所入口の石像だけ。・・・そう。どっちもあゆコ口ちゃんよ!

思い出情報募集

「そういえばココって前は○○だった」という情報を募集します。ご連絡はinoueh96@gmail.comまで

Topへ戻る