お店コラム記事

vol.37 あつぎのがっこう

おいしいお肉はどこから来るの?

かつて厚木市は地場産業として養豚が盛んでした。30年前には300軒あった養豚農家も今では3軒に。今回はその中の1軒、臼井農産さんにスポットを当てたいと思います。

 

臼井農産さんでは、自社で育てた豚を厚木市へ毎年寄贈を行っています。寄贈された豚は小学校など、市内の教育施設へ届けられ給食として使用されます。

 

食育の重要性や地産地消が注目される昨今、2月に行われた臼井農産さんの試みを取材させて頂きました。

 

厚木市飯山で養豚を営む臼井農産の代表取締役臼井欣一さんらが2月3日、同社が生産する地元産の新鮮な豚肉36Kgを厚木市へ寄贈しました(於厚木市役所)。小林常良市長は「臼井さんの豚肉は市民の大切なタンパク源。これからも子供たちをはじめ、市内外の皆さんに栄養の源を届けてほしい」と感謝を伝えました。

 

今回寄贈された豚肉は、市内の保育所で給食のトンカツとして食べられました。この試みは今年で5回目。毎年寄贈された豚肉は、市内の保育所や小学校の給食で提供されています。代表の臼井さんは「子供たちに丹精込めて育てた豚を十分に味わって食べて欲しい。また子供たちに厚木の豚を知って頂き、大人になってから『やっぱり厚木の豚は美味しいね』と言ってもらえたら」と話されました。

 

現在上落合に直売所を設け、近隣は勿論、市街地からも豚肉を求めお客様が訪れています。厚木の養豚業者として自社ブランド「あつぎ豚」を始め、約5000頭の豚を飼育し、年間約1万頭を出荷しています。直売所は休日ともなると大賑わい。豚に与える餌や水にこだわって育てているので、一度食べたら「もう臼井さんの豚肉じゃなくちゃ」とファンが続出。丹精込めて大切に育てる臼井さんの熱意と創意の賜物かもしれませんね。

 

 

臼井農産
厚木市飯山3575 ☎︎046-241-7462
養豚農家の直売所(臼井農産)
厚木市上落合227-1 ☎︎046-228-1326
[営]11:00~18:00 年中無休(年末年始、臨時休業は除く)

Topへ戻る