タカコの思い出町歩き

vol.43 そういえばココって何だった?-11

桜の季節に歩きたくなる、東町から市営プールまでの道。よく見ると歴史を感じられるものがあちらこちらに。 ───。

 

あゆみ橋「ライトアップもきれいなあゆみ橋。ここを北上すると三川合流地点に着くのよね」

厚木の渡し1996年2月1日に開通したあゆみ橋。それまでは大雨が降ると川に潜ってしまう「もぐり橋」がかかっていた。「厚木の渡し」の石碑には、かつてここから相模川を船で行き来していた歴史が記されている。
 
厚木の渡船場は大山詣でに向かう人が渡ったりしたそうで、古くから厚木が発展したのはこの渡船場の果たした役割も大きかったという。
 
「小江戸と称された賑わいって話よね。今はシャッター商店街だけど・・・あれ?」

小江戸シャッター街2小江戸シャッター街3厚木の中心が駅前に移るまで、小江戸として栄えていたこの通り。それにちなんだシャッターアートが施されている。

小江戸シャッター街1「シャッター商店街を逆手にとったこの取り組み。ユニーク!」
この通りを抜けると、川沿いには桜並木が。満開の時期には見事な桜のトンネルになる。満開になったらまたこの道を歩きたいと思うタカコだった。

思い出情報募集

「そういえばココって前は○○だった」という情報を募集します。ご連絡はinoueh96@gmail.comまで

Topへ戻る