タカコの思い出町歩き

vol.45 そういえばココって何だった?-13

時代とともに変わる町の景色。今回は、一枚の写真から町歩きを始める。駅前の人の流れに今も面影があるようなないような・・・。タカコ、最後の町歩き。

 

昭和の風景「これが昭和初期の本厚木駅前?映画のワンシーンみたいね」

カフェレストランBONに展示してある「昭和の風景」の一枚。この地で創業50年以上という同店が見つめた町の風景は、まさに必見!
 
 

丸花この写真に写っている丸花食堂は昭和2年創業。現在まで、南口(丸花)やミロード内(とんかつ丸花)、厚木市文化会館並び(中華の桃花林)と市外も合わせて数か所で市民の胃袋を満たしてきた。ちなみに名前の由来は創業者の名前「ハナ」さんから。

「仕出し弁当の丸花って、創業者のひ孫さんがやっているのよね。ここは『箸袋を見ただけで美味!』って言うファンがいるお店。うちも法事なんかの時にはよくお世話になっているわ」
新しいお店もたくさんあるけれど、実はずっとこの地で続いているお店もたくさんある厚木。いつもと違う通りをふらっと歩けば、思わぬ町の姿に出会えることも。
「南口も2年後にはまた新しい姿になるっていうし。今は少し静かな南口が、その頃にはまったく違う場所になっているかもしれないわ。そう思うとなんだか名残惜しいような・・・」

厚木駅南口これからも町を歩き続けようとあらためて心に誓うタカコだった。

 
 

思い出情報募集

「そういえばココって前は○○だった」という情報を募集します。ご連絡はinoueh96@gmail.comまで

Topへ戻る