取材

スペシャルインタビュー EbAkさん

2月24日(日)にレンブラントホテル厚木で開催されるハワイアンイベント「ホテルで楽しむハワイアン〜ALOHA TIME 」。

その総合プロデューサーであるウクレレミュージシャンEbAk(エバック)さんに、今回のイベントにかける思いなどをお聞きしました。


— EbAkさんは厚木出身厚木在住で、最近は地元でのご活躍が目立ちますね。元々の活動ベースも厚木だったのですか?

いえ、ウクレレをはじめてから数年間は、主に横浜の大桟橋や東京方面にこちらから赴く形が多かったですね。それでもいつか「EbAk」というステージネームで地元で活動したいとずっと思っていました。元々横浜はイベントの数がtoo muchなのに対し、厚木はあまりこういったイベント自体少なかったんです。そんな中、縁あって昨年厚木住宅公園で「ALOHA TIME in ATSUGI」と題したハワイアンイベントを初開催することになり、おかげさまで演者さんもお客さんもたくさん集まっていただいて。2日間で総勢100人以上の参加者と、500人以上のお客様にご来場いただきました。

 

— 茅ヶ崎で行なった第2回も大盛況でしたね。

はい、おかげさまで開催ごとに規模が大きくなっている実感がありますね。

 

— そして今回の会場はレンブラントホテル。これまでの屋外でのイベントとまた違った感じになりそうですね。

2月の真冬に、つかの間のハワイを感じるイベントに出来ればと思っています。ステージ出演者は20組以上、アクセサリーや雑貨などのグッズ出店は20店、飲食ブースも10店舗出店予定です。演者さんも全国各地から集まりますので、この機会にゆっくりレンブラントホテルに泊まってもらって、厚木の街を楽しんで欲しいですね。

 

— プログラムはやはりフラが多いんですか?

そうですね、フラダンスのほか、タヒチアンダンスもあります。もちろんハワイアンミュージックのライブも。私が教えている教室の生徒さんがバンドとして出演したりと多彩なプログラムです。ハワイアンのフラダンスは手話のひとつで、手や体の動きにはそれぞれ意味があります。同じ曲でもインストラクターさんによって振り付けは様々です。その違いなどもぜひ楽しんで欲しいなと思います。

 

— EbAkさんはウクレレの普及活動はもちろん様々なイベント活動を行なっていますよね。最近の活動を少し教えてください。

最近では、地元のフラチームと一緒に、老人福祉施設や障害者施設への慰問なども行っています。ウクレレライブはちょっと激しめのロックを演ったんですが、最初は少しびっくりした様子だったものの最後は皆さんステージに集まって踊り出していました。皆さん音楽が鳴れば自然と体が動くんですよね。心から楽しんでくれている様子を見て私もとても嬉しかったですね。

 

— 地元に根ざした活動はすばらしいですね。

これからもずっと続けていきたいですね。私たちの活動を通じてウクレレに興味を持ってもらって、厚木のウクレレ人口が増えたら言うことないです。ウクレレに限らず、フラ・タヒチアンダンスなど各種イベントについて、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせいただければと思います。

 

EbAk 〈エバック〉厚木出身・在住。Rock and Mellowをコンセプトに活動するウクレレミュージシャン。厚木を中心とした神奈川県、東京を拠点にライブ・講師活動を行いながら、InterFM DJのVance Kのバンドのサポートなどを行っている。本厚木駅徒歩4分にスタジオを構え教室を主宰している。

 

Uke Beat Music 厚木

厚木市泉町8-5 3F ☎046-212-2620

Topへ戻る