#厚木こじらせ系

vol.49 #厚木 こじらせ系《あゆコロちゃんへの誘い》

第3回《あゆコロちゃんへの誘い》

最近で一番恥ずかしかったことといえば、PASMOをチャージをしようとして、カードを入れるところにずっと銀行カードを入れ続けてた事と、あゆコロちゃんとのツーショットを撮るために駅前で自撮りしたことです。職質されなくてよかった小林です。

「厚木」といえば、あゆコロちゃん。性別は男の子。誕生日は、2月1日。年齢は不詳。出身は厚木の森の中。好奇心でやんちゃな性格で、鼻と耳がよく美味しいものとにぎやかなことが好きらしい。厚木の名産「アユ」と「厚木シロコロ・ホルモン」のブタがモチーフになっており、花火やサツキの花、温泉など、厚木の魅力が詰まったハッピを着用。あつぎシティセールス大使。語尾は、なんと「Boo〜!」個人的に神奈川県の中では一番可愛らしく、一番知名度があるのではないかと思っています。そして、鮎と豚さんはやっぱり別々の個体らしい。2匹の素敵な馴れ初めもあるのですが、ここに書いたら、文字数が大変なことになってしまうので、是非あゆコロちゃんのホームページを見てください。でも、意外に、知らなかったでしょ! 私も2年いたけど知らなかったからって声を大にして言いたい。それに知ってました? 銅像、駅内にあるんです。流石に駅内の銅像のところで、ツーショット写真を撮るのは羞恥心が勝ちまして…厳しかったです。

あゆコロちゃんは厚木のいたるところにいて、小さい子からの支持も熱い。塗り絵になったり、小さいマスコットキーホルダーになったり、今日もあゆコロちゃんの人形を抱きしめながら歩いている小さい子がいました。(私を勘違いさせる為のさくらではないはず!)兎にも角にも、厚木のイベントにはかかせない彼には今後も期待していきたい!一体何目線のコラムなんだろう…

難しく書きすぎるとご当地キャラクター評論家みたいな肩書きが出来上がりそうだったので、楽天的に書いてしまいましたが、これからもあゆコロちゃんと一緒に厚木を盛り上げていきましょうー!

 

小林 愛
意識高いことが言えるようになりたい24歳の駆け出しライター。「普通のコラムと違って結構こじらせていますが病んではないです」

Topへ戻る