#厚木こじらせ系

vol.54 #厚木 こじらせ系《初詣、初夢、そして「こじらせ初め」》

第8回《初詣、初夢、そして「こじらせ初め」》

2020年が明けました。

新年あけましておめでとうございます。今年の小林もどうぞよろしくお願いします。

まだおみくじを引いてないのですが、大凶が出てくる気がしてならない小林です。

今年の私は、まず慢性鼻炎を治すことが目標です。(これは、目標とは言わない説あります?)

たくさんの文章を書き、文章を読み、美味しいものを食べて、たくさん音楽や映画にふれて、いつも通りの自分で過ごす予定です。

皆さんは2020年、どんな年にしたいですか?

新しい年の始まりといえば、神社などに参拝しにいきますよね。

1月の中旬ということで、みなさん初詣はもうお済みになられているでしょうか?

私の地元の神社は有名らしいので、人があちこちから大勢訪れますが、相模線のボタン式の開閉ドアを知らない人がたくさんいて、毎年の謎の待機時間(勝手に開かないので)が生まれています。

地元の神社の話はどうでもいいのです。厚木といえば、厚木神社‼

と言いたい。

元日には、大勢の参拝客で賑わいを見せていたようですが、数日経つと、お参りしやすい人の出入りとなります。(きっとどこの神社でもそうでしょうか…)

厚木神社は厚木村の鎮守で、

旧称は、牛頭元王社、

合併に伴い「厚木神社」の名前になっています。関東大震災の際に、全焼してしまったようで昔の建造物の厳かな面影はないですが、現在の厚木と溶け込む街の中にある居心地のいい、地元の神社。

厚木とともに寄り添ってきた穏やかな時と共に、皆さんの心をも暖めてくれることでしょう。(急に信教っぽい文言になった気がします)

正月明けの落ち着いた今、地元の神社に改めて参拝するのもありなのではないでしょうか。

2020年。

頑張らなくても良いし、無理をしなくても良い。自分らしく、のびのびと自由に生きる、そんな選択をしてくださいね。

私は、自由に空気を吸うために慢性鼻炎を治してきます!

小林 愛
意識高いことが言えるようになりたい24歳の駆け出しライター。「普通のコラムと違って結構こじらせていますが病んではないです」

Topへ戻る