1349円 1/35 ドイツ Sd.Kfz.2 ケッテンクラート中期型【35377】 プラモデル タミヤ ホビー プラモデル・模型 ミリタリー 戦車 1 35 ドイツ Sd.Kfz.2 プラモデル ケッテンクラート中期型 35377 ◇限定Special Price タミヤ ホビー , プラモデル・模型 , ミリタリー , 戦車,atsugi-time.com,1349円,1/35,/coswearer340586.html,ケッテンクラート中期型【35377】,タミヤ,Sd.Kfz.2,プラモデル,ドイツ 1 35 ドイツ Sd.Kfz.2 プラモデル ケッテンクラート中期型 35377 ◇限定Special Price タミヤ 1349円 1/35 ドイツ Sd.Kfz.2 ケッテンクラート中期型【35377】 プラモデル タミヤ ホビー プラモデル・模型 ミリタリー 戦車 ホビー , プラモデル・模型 , ミリタリー , 戦車,atsugi-time.com,1349円,1/35,/coswearer340586.html,ケッテンクラート中期型【35377】,タミヤ,Sd.Kfz.2,プラモデル,ドイツ

1 日時指定 35 ドイツ Sd.Kfz.2 プラモデル ケッテンクラート中期型 35377 限定Special Price タミヤ

1/35 ドイツ Sd.Kfz.2 ケッテンクラート中期型【35377】 プラモデル タミヤ

1349円

1/35 ドイツ Sd.Kfz.2 ケッテンクラート中期型【35377】 プラモデル タミヤ




【返品種別B】
「返品種別」について詳しく
2021年05月 発売


※画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合がございます。
※写真はキットを組み立て、塗装したものです。


【商品紹介】
タミヤ 1/35 ドイツ Sd.Kfz.2 ケッテンクラート中期型です。

【ドイツ兵士の足となり駆けた傑作ハーフトラック】
第二次大戦中にドイツ軍が運用した半装軌車(ハーフトラック)の中でも、最も小型の車輌がケッテンクラートです。
車体中央のエンジンで履帯を駆動し、オートバイ型ハンドルで進行方向を操作。
優れた重心設計や挟み込み式転輪により、高い走破性と牽引力を誇りました。
また、大戦中に8000輌以上製造されたケッテンクラートの中でも、1943年から1944年にかけての生産車は、それまでの型式に比べ丸みのあるテールライト基部や、後部座席側面の補強板などが特徴。
大戦後半の各戦線で幅広い任務に使用されました。

【模型要目】

  • 牽引時の全長139mm、全幅29mm。ユニークなフォルムはもちろん、緻密な足まわりなども実感豊かにモデル化。
  • エンジンや変速機はパーツ数を抑えて再現。エンジンハッチは開閉可能。
  • 履帯は直線部を一体とした連結式。パッドは別部品として立体感あふれる仕上がり。
  • ドライバーと歩兵2体の人形付き。

  • ※3Dスキャンによるドライバーと歩兵2体の人形、牽引トレーラー付き。

    車体後部に連結される、荷物などを積載するためのケッテンクラート専用トレーラーもセット。


    エンジングリル部分にはエッチングパーツを使用して高いスケール感を演出。曲げ加工用の治具も用意しました。


    エンジンハッチは開閉式。完成後に内部メカニズムを鑑賞できるのはもちろん、車内の部品を塗装してから組み込めるのもうれしいポイント。


    1478cc直列4気筒ガソリンエンジンと変速機は、床やシートとともにパーツ数を抑えながらリアルに再現。ディテールアップや塗り分けに腕を振るうのも楽しみ。


    ドライバーの右手と頭部のパーツはそれぞれ2種類をセット。表現したいシチュエーションに合わせてポーズが選べます。


    機関銃手と弾薬手の人形は、汎用性の高い行軍中のポーズでモデル化。頭部の装備はヘルメットとフィールドキャップが選択できます。


    履帯は直線部分を一体とした連結式を採用し、パッド部分は立体感あふれる別パーツで構成。ランナーを活かせば作業効率のアップも可能です。



    【商品仕様】
  • 1/35スケール
  • 未塗装
  • 組立キット





  • (※この説明文は市場店の記載内容です。URLはhttps://item.rakuten.co.jp/jism/で始まります。URLが異なる際はサイトを利用することのないよう十分ご注意ください。)

    1/35 ドイツ Sd.Kfz.2 ケッテンクラート中期型【35377】 プラモデル タミヤ

    P+D MAGAZINEは書店での本との偶然の出会いを、WEB上でも提供するサイトです。
    書店で偶然読みたい本を見つけるように、P+D MAGAZINEで素敵な本との出会いを体験してみてください。

    △ 本との偶然の出会いをWEB上でも | P+D MAGAZINE TOPへ